イメージ

親が勉強をするわけではないから

いろいろと考えて選んだ塾に通わせているから、志望校への合格は間違いないと思っていたけれど、結果はかんばしいものではなかった、という問題が往々にして起こりえます。しかもそれが、すべての志望校が不合格という形で現れてしまうと、もはや取り返しがつかない、という残念な結末になります。 このようなケースに陥るのは、初めにその塾を選択する時、特に子供と会話をせずに、そこ通うよう一方的に指示をしている場合や、なんとなく通い始めた後に、指導や学習の状況を、特に確認したり会話したりしていない場合に多いです。 例えば、体験指導で出会った塾の講師が、そのまま子供の指導にあたるとは限りません。また、そもそも子供が希望していないクラスの学校に受験させたい、という親の意志が先行し、子供はその学校に通いたいとは思っていない、もしくはそこまで努力したくない、と思っていることも考えられます。そして、途中で志望校を変えたいと子供は希望しているけれど、大人には聞いて貰えそうにないので、黙ってしぶしぶと通っているかもしれません。つまりは、子供の学習意欲が何らかの理由で欠けており、効果的な学習に取り組めていないのです。一方で、親が「子供は塾に通っているから、先生の指導もして貰えるので大丈夫だろう」と思い込んでしまうと、問題が顕在化せず、冒頭のような不幸が最後になって発覚してしまうのです。 子供の将来の夢や指針をかなえるために、志望校合格を目指すことが目標であり、塾に通うという行為は手段であって、目標ではありません。また、親が勉強するわけでは決してありません。どういう学校に行きたいのか、という子供の目標を、親子でしっかりと共通認識として持ち、時には修正を重ねて、二人三脚で進んでいくことが重要です。塾側もそういった生徒の指導をする必要がありますが、やはり多人数を相手に指導を行うというスタイルである以上、一人ひとりのやる気をすべて引き出す、ということは困難です。もしくは子供と講師の相性がどうしても合わないことも考えられます。すべてを塾に任せるような姿勢は危険だと認識し、見直す必要があります。


Copyright (C) 塾通いが台無しになってしまうことも All Rights Reserved.